アービトラージの概要

 アービトラージ(裁定取引)とは、割安な資産を購入すると同時に割高な資産の売却を行って、その差益を得る取引です。

 アービトラージの代表的なものには、株式市場における先物価格と現物価格の価格差を利用した取引が挙げられます。

 アービトラージの成立の是非を判断するためには、まず先物の価格と現物の価格の比較が必要です。そして、算定された先物理論価格と実際の先物価格の間に乖離が生じている場合に、アービトラージが成立することになります。

 アービトラージにおいては、先物理論価格が実際の先物価格を上回っていれば「割安」、下回っていれば「割高」と判断されます。そして先物が割安状態にある場合、アービトラージによって先物価格は上昇します。この価格調整は、アービトラージによって利益を上げられない状態、つまり適正な価格になるまで続くことになります。

*********

寒くなってきました。そんな時は温泉でのんびりと...
箱根とか湯布院とか有馬とか超人気の温泉もいいけど、それより有名度がちょっと落ちるところにコスパのいい名宿があるんです。そんな人におすすめなのが、別所温泉飯坂温泉。かなりいいですよ~!
[PR]
by megellanic | 2011-12-09 12:36 | 投資の基本