アービトラージの概要

 アービトラージ(裁定取引)とは、割安な資産を購入すると同時に割高な資産の売却を行って、その差益を得る取引です。

 アービトラージの代表的なものには、株式市場における先物価格と現物価格の価格差を利用した取引が挙げられます。

 アービトラージの成立の是非を判断するためには、まず先物の価格と現物の価格の比較が必要です。そして、算定された先物理論価格と実際の先物価格の間に乖離が生じている場合に、アービトラージが成立することになります。

 アービトラージにおいては、先物理論価格が実際の先物価格を上回っていれば「割安」、下回っていれば「割高」と判断されます。そして先物が割安状態にある場合、アービトラージによって先物価格は上昇します。この価格調整は、アービトラージによって利益を上げられない状態、つまり適正な価格になるまで続くことになります。

*********

寒くなってきました。そんな時は温泉でのんびりと...
箱根とか湯布院とか有馬とか超人気の温泉もいいけど、それより有名度がちょっと落ちるところにコスパのいい名宿があるんです。そんな人におすすめなのが、別所温泉飯坂温泉。かなりいいですよ~!
[PR]
by megellanic | 2011-12-09 12:36 | 投資の基本

アービトラージとは

「アービトラージ(Arbitrage)」とは、日本では「裁定取引」とも呼ばれる、取引の方法の一つです。

 アービトラージとは、割安な資産を購入すると同時に、割高な資産の売却を行って、リスクなしで差益を得ることができる取引です。

 アービトラージは、どんな商品においても成立します――というのは、実際の市場では価格形成が非効率なため、理論的な商品価格が成立せずに、しばしば価格が「割高」「割安」となる現象が起こり得ます。そこで、将来において価格関係が正常化することを見込んで、割安な商品を購入し、割高な商品を売却する。その後、両者の価格関係が正常化した段階で、反対売買で清算することにより、差益を得るというわけです。

 よって、アービトラージは、分断された市場間において、商品の価格差が生じてさえいれば、どのような商品でも成立可能というわけです。

*************

ずるいことやってる人もいるんですよ。

それはともかく、生協宅配なら東都生協がいいかも。食材の質がダントツですね!
[PR]
by megellanic | 2011-11-10 11:39 | 投資の基本

国際投資の実際

国際投資に実際投資するには、自分で直接証券や国際を購入する以外に、国際投資信託に投資する方法もあります。

国際投資を個人で直接行う場合は、取引したい国の証券や外貨を取り扱っている証券会社に口座を開設します。外貨や国債であれば、銀行でも取引ができます。

口座を開設したあとは、証券や債権であれば、安いときに購入し、高くなったら売ることによる差益で利益をあげることは、国内の投資と変わりません。

急な政変や災害、戦争によるリスクにはすばやく対応できますが、それによる損失も考慮しておきましょう。逆に、そうした暴落で利益を上げることもできます。

国際投資信託の場合は、定期貯金のように保有期間が決まっていることがほとんどです。急な暴落などのリスクが少ない、安定した国で運用していることが多いようです。

購入する場合は、投資対象がどの国で運用するのか、その国の経済成長状態や、投資信託の運用成績などを事前に十分調査しておくといいでしょう。

戦略シミュレーションゲーム
[PR]
by megellanic | 2011-05-22 10:13 | 投資の基本

国際投資とは

 国際投資とは、投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。

 金融商品は、世界的に数多く存在し、日本から投資できる証券や国際なども、かなりの数に上ります。

 国際投資により、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争による国際的リスクを分散することができます。

 国際投資はまた、各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うこともできます。例えば、日本では不況のピークであっても、別の国では経済成長の真っ只中ということは少なくありません。

 個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場でしょう。


[PR]
by megellanic | 2011-01-22 17:44 | 投資の基本

投資顧問による投資判断

 投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。

 投資対象は、その性質により、季節や気候により周期的に変動するものや、株価のように年単位で大きな波があるものまでさまざまです。

 時には、同時多発テロのように事前に予測困難な地政学的リスクにより、1日で大きく変動することもあります。

 投資家は、自分の調査や予想に基づいて証券などの売買をします。

 近年のネット証券の流行により、爆発的に投資家数が増え、それに伴い、短期売買による早期の売買差益を狙う人が増えています。

 投資顧問が分析結果を発表した直後は、投資家の注目が集まりやすく、発表内容と現在価格の差益を狙って、大きく株価が変動することも珍しくありません。

 投資顧問の発表内容に対する過剰反応には注意が必要ですが、便乗して大きな利を得ている投資家もいるので、投資スタイルに合わせて、いろんな活用ができそうです。

一人暮らし 食材宅配 生協 パルシステム
[PR]
by megellanic | 2010-02-28 17:54 | 投資の基本

投資顧問とは

 投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、主に証券取引に関する専門知識を持つスペシャリストを指します。

 証券取引に対する分析を担当したり、投資に対する助言を担当する場合もあります。

 投資顧問は証券取引について、株相場の全体や、個々の企業の業績の現状を分析したり、本来の価値基準を計算したりして投資家に公表します。

 投資家はその情報を、株価の割安・割高の判断材料にすることも多く、しばしば公表直後の大きな株価の変動を招きます。

 投資顧問が顧客に直接投資助言をする形態は、近年のネット証券に発達により、あまり見られなくなりました。

 以前は、証券会社で投資顧問を通して証券の売買が行われることが一般的でした。手数料が高く、1日に何度も売買することは少なかったようです。

外貨預金 FX 外貨預金 税金 確定申告

[PR]
by megellanic | 2010-02-15 00:13 | 投資の基本

先物取引とは

 先物取引とは、主に、生産者が商品を取引する時点の値段を、購入者と決定しておき、その権利を売買する投資法です。

 農産物や工業製品、資源などは、常に価格が変動します。

 先物取引は、そういった商品の価格変動による影響を避け、生産者が安心して生産でき、購入予定者が安心して購入できる目的で、主に商品の流通が多い大阪で発祥したと言われています。

 先物取引での投資と言った場合、最近では現物の売買目的ではなく、株価指数や資源、電子的な売買権利などを取引し、差額を得る目的で行われるものがほとんどです。

 投資対象としては、金、農産物、石油などの資源、株価指数などがあり、証券会社で口座を開設して先物取引を選択する方法が一般的によく取られています。

 先物取引は、小額の証拠金を元に、10~100倍の価値の権利を売買することができ、予想どおりに相場が動けば大きな利益が出る代わりに、予想が外れれば損失も大きいというハイリスク・ハイリターンな投資法とも言えます。

痔ろう
[PR]
by megellanic | 2010-02-05 13:03 | 投資の基本