アービトラージとは

「アービトラージ(Arbitrage)」とは、日本では「裁定取引」とも呼ばれる、取引の方法の一つです。

 アービトラージとは、割安な資産を購入すると同時に、割高な資産の売却を行って、リスクなしで差益を得ることができる取引です。

 アービトラージは、どんな商品においても成立します――というのは、実際の市場では価格形成が非効率なため、理論的な商品価格が成立せずに、しばしば価格が「割高」「割安」となる現象が起こり得ます。そこで、将来において価格関係が正常化することを見込んで、割安な商品を購入し、割高な商品を売却する。その後、両者の価格関係が正常化した段階で、反対売買で清算することにより、差益を得るというわけです。

 よって、アービトラージは、分断された市場間において、商品の価格差が生じてさえいれば、どのような商品でも成立可能というわけです。

*************

ずるいことやってる人もいるんですよ。

それはともかく、生協宅配なら東都生協がいいかも。食材の質がダントツですね!
[PR]
by megellanic | 2011-11-10 11:39 | 投資の基本